右 カテゴリ  【 動画 】 【 紫陽花 】 【 レオン 】 【 く〜太郎 】 【 】 【 犬猫ごはん 】 【 バトン 】 【 心の扉
携帯から リアルタイムに更新中の日記→ 【 サイオウガウマー

2007年10月20日

今年最後の

image/yuhmin-2007-10-20T13:43:40-1.jpg  image/yuhmin-2007-10-20T13:43:41-2.jpg

シャンプー(笑)

 

ニックネーム ゆうみん at 13:43| Comment(3) | [ レオン ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!キレイキレイしたのね〜(*'-')
お昼だから寒くなかったのかな?
Posted by 猫姉 at 2007年10月21日 07:49
私は最近まで動物病院で働いていました。一番、生と死に近い現場だと思いました。幸せそうに子犬を抱え初めてワクチンを打ちに来た飼い主さん、末期癌で静かに息を引き取る子を最後まで見守る飼い主さん、苦しみから解放するため安楽死を選んだ飼い主の悲痛な叫び。色々な現場を見てきましたが、やっぱり死の現場ではいつも涙が止まりませんでした。ある1匹の柴犬の話をしますね。末期癌で寝たきりになり時々起こる痙攣や発作の度に苦しんで飼い主さんも目をそむけたくなるほど我が子が可哀想で仕方ありませんでした。そんな中、飼い主さんは最後の選択をせまられるのです。延命治療をするか、楽に死なせてあげるかー。生かすか死なすかも飼い主次第‥飼い主さんは迷って考えた挙げ句、安楽死をすることに。。ゆっくり我が子の血液に致死量の麻酔が入り込む‥我が子は苦しむ事なく静かに目を閉じ眠っていく‥動かなくなった我が子を抱きしめ何度も謝り、幸せだった?と問いかける。すると息をしてない我が子の目から一筋の涙が‥まるでありがとうといってるかのように。その現場でいた私は涙を押さえきれずに立ち去りましたが、その1匹の柴犬は本当に飼い主さんのこてが好きやったんやなぁって実感しました。
Posted by 美嘉 at 2007年10月27日 10:01
◆猫姉たん
なんとか乾きましたよ〜

このあと、母にジャーキーで釣ってもらって
耳の後ろの毛玉も切れたのでヨカッタわ♪
 

◆美嘉さん
わんこやにゃんこは、どんな待遇をされていても
飼い主を愛してますよ。
 
Posted by ゆうみん at 2007年11月04日 19:53