右 カテゴリ  【 動画 】 【 紫陽花 】 【 レオン 】 【 く〜太郎 】 【 】 【 犬猫ごはん 】 【 バトン 】 【 心の扉
携帯から リアルタイムに更新中の日記→ 【 サイオウガウマー

2007年08月14日

また逢う日まで


ゆうべ、く〜ちゃんが この世を去りました。

最近はちょっと調子良かったのに、なんでだろう。


命って、はかないものですね・・・



2歳と数ヶ月でした。

具合が悪くなってからこの2ヶ月間、よく頑張った。



世界一可愛い く〜ちゃん。


虹の橋のたもとで、きっとまた 逢えるよね。

テラちゃんと一緒に待っててね。




P3280156.jpg


( 写真は、生前に撮ったものです。 )




『 虹の橋と雨降り地区 』




天国の、ほんの少し手前に

「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、

死ぬとそこへ行くのです。

そこには草地や丘があり、

彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。


食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ

暖かくて みんな幸せなのです。



病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し

傷ついていたり不自由なからだになっていた子も

元のからだを取り戻すのです。

‥‥まるで過ぎた日の夢のように。



みんな幸せで満ち足りているけれど

ひとつだけ不満があるのです。

それは自分にとっての特別な誰かさん、

残してきてしまった誰かさんが

ここにいない寂しさのこと‥‥。




動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

でも、ある日‥‥その中の1匹が突然立ち止まり、

遠くを見つめます。


その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。


突然その子はみんなから離れ

緑の草の上を走りはじめます。

速く、それは速く、飛ぶように。




あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。

そしてもう二度と離れたりはしないのです。


友からの幸せのキスがあなたの顔をうめつくし

あなたの両手は愛する友を優しくなでます。


そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳を

もう一度のぞき込むのです。


あなたの人生から長い間失われていたけれど、

その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。



それからあなたたちは、一緒に

「虹の橋」を渡っていくのです‥‥。




★  ★




けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。

打ちのめされ、飢え、苦しみ、

誰にも愛されることのなかった子たちです。


仲間たちが1匹また1匹と、

それぞれの特別な誰かさんと再会し、

橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。


この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。

地上にある間、そんな人は現れなかったのです。




でもある日、彼らが遊んでいると

橋へと続く道の傍らに

誰かが立っているのに気づきます。


その人は、そこに繰り広げられる再会を、

うらやましげに眺めているのです。


生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。

そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、

誰にも愛されなかったのです。



ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が

近づいていきます。

どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。



そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、

そこに奇跡が生まれるのです。


そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。

地上では巡りあうことができなかった、

特別な誰かさんと、その愛する友として。



今ついに、この「虹の橋」のたもとで

ふたつの魂は出会い

苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。


彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、

二度と別れることはないのです。
 




こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている

「 虹の橋 」 の入り口には

「 雨降り地区 」 と 呼ばれる場所があります。



そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り

動物達は寒さに震え

悲しみに打ちひしがれています。



そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん…

特別な誰かさんの流す涙なのです。



大抵の子は半年もしないうちに

暖かい日差しの中に駆け出して

仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。


ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。




でも、1年経っても2年経っても

ずっと 「 雨降り地区 」 から

出て行かない子達もいるのです。


地上に残して来てしまった

特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので

とてもじゃないけれど

みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。




地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして

同じ悲しみに凍えているのです。




死は全てを奪い去ってしまうものではありません。

同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い

愛し合った記憶は

あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。



ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。

彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。

そして、何よりも大事な事を 伝えにやって来たのです。



命の儚さと愛しさを。

束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。


その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。

癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。




思い出してください。


動物達が残して行ってくれた

形にも 言葉にもできない 様々な宝物を。



それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。

「 虹の橋 」 の たもとにいる、彼らの姿が見えるはずです。



ニックネーム ゆうみん at 09:56| Comment(13) | [ く〜太郎 ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆうみんがく〜ちゃんをお世話するようになった頃から知っているので
凄いショックですたらーっ(汗)

命あるもの
いつかはこの日を迎えなければならないのですが
あまりにも早すぎですね...



Posted by ゆかにゃん at 2007年08月14日 11:32
くーちゃんのご冥福をお祈りします。。。

いつも読み逃げはしていて、体調も山あり谷ありで、でも最近は調子よかったように見えてたのに残念です。。。
でも、くーちゃんがんばったよね、優しいゆうみんさんのお家に迎えられて、短い人生だったけど、すごく幸せだったと思います

雨降り地区に雨を降らさないでおこうと思うけど、やっぱり思い出すと涙がでてきますよね。。。どうか暖かい雨でありますように
ごめんねくーちゃん

くーちゃん、沢山の思い出をありがとう!


Posted by たけちゃんママ at 2007年08月14日 17:45
◆ゆかにゃんどの

発病するまでは、これからもずっと一緒にいられると思ってた。
20年くらい生きてもらうつもりだったのにな(笑)
ずっと見守っててくれてありがとうね。



◆たけちゃんママさん

覗いててくれはったんですね、ありがとう。
私のほうも、滅多に行かないのに読み逃げでごめんなさい。

く〜ちゃん、毎日のように太い注射されても頑張ったよ。
たけちゃんママさんも泣いてくれてありがとう。
たくさんの人に愛されて、く〜ちゃんは幸せ者だと思います。 
 
Posted by ゆうみん at 2007年08月14日 18:38
。・゚・(ノД`)・゚・。 今さっき帰宅して見ました
涙が止まらない。。。
くぅちゃんよくがんばったね!
ゆうみんしゃんもがんばって介護やら病院やら
本当に一緒にがんばってたと思います。
誰よりもつらいのはゆーみんしゃんだと思う

心よりご冥福をお祈りいたします。

小さい頃から色々楽しませてくれてありがとう

あまりにも早かったけれどゆっくり休んでね




Posted by 猫姉 at 2007年08月16日 00:58
悲しい・・・。
いつでもまた遊んでもらえると思ってたのに・・・。
そういえばテラにゃんの時も同じように思ってたなぁ。
2人ともかわいすぎて、なのにお迎え早すぎ。

家族一同より、ゆうみんとレオンちゃんへ
謹んでお悔やみ申し上げます。
Posted by ちえにゃん at 2007年08月16日 01:55
◆猫姉たん

ありがとう。
悲しませちゃってごめんね。
私はだいぶんリカバリーしたよ。
こないだのソネットのんで、く〜ちゃんの写真集を作ろうと思います。



◆ちえにゃん

いっときだけど、ちえにゃんにあんなに遊んでもらえて
く〜太郎はめっちゃ幸せだったよ(笑)
ありがとうね〜

ほんと、テラにゃんもく〜ちゃんも それぞれ超可愛かった。
もう逢えないなんてねぇ。
神様も意地悪だな。
 
Posted by ゆうみん at 2007年08月17日 13:03
はじめてコメントさせていただきます。
3年ほど前に愛猫を病気で亡くしてから、悲しい思いでいっぱいだった時、ゆうみんさんのこのブログを見つけました。
いつの間にかく〜ちゃんとレオンの大ファンになっていて、とても元気をもらいました。
く〜ちゃんが具合が悪くなった頃から心配していましたが、もう旅立たれたんですね。
虹の橋ではきっとお友達たちと元気に走り回っていることでしょう。 
心よりご冥福をお祈り致します。
く〜ちゃん本当にありがとう☆★
Posted by ぺる at 2007年08月18日 00:50
◆ぺるさん

初めまして。

く〜ちゃんたちって、私の知らないところでも
こうして見守ってくれてる人が居たんですね。
なんだか感激です・・・。
く〜ちゃんはほんとに幸せ者ですよね。

コメントありがとうございました<( _ _ )>
 
Posted by ゆうみん at 2007年08月18日 01:10
お悔やみ申し上げます.
あのやんちゃな姿をもう見ることができないとは・・・
いつかくー太郎と遊びたいと思ってたのに,本当に残念です.

くー太郎はすてきな飼い主に会えて幸せだったと思います.
どうかやすらかにおやすみください.
Posted by take at 2007年08月20日 11:35
久しぶりにお邪魔しに来たら、驚きました。
まだ若かったのにね。
く〜ちゃんのご冥福をお祈りします。
Posted by りむパパ at 2007年08月21日 22:10
◆take さん

ありがとう。
いつの頃からか、く〜ちゃんは あんまり遊ばなくなりました。
「大人になったからかな?」と思っていたけど
その頃から、だんだんしんどくなっていたのかもしれないね。

動物は、しんどくても言えないからなあ・・・
悔やんでも意味がないけど、元気な内にもっと遊んでやれば良かったと思ってしまいます。



◆りむパパさん

ご無沙汰しちゃっててごめんなさい。

ほんと、まだ若かったのにねぇ。
りむちゃん達には く〜太郎の分まで長生きしてもらいたいです(笑)
 
Posted by ゆうみん at 2007年08月21日 22:24
お久しぶりです。今年の暑さにはまいりました
お元気出すか?くうちゃんが、虹の橋に行かれたそうで、まだ若いのに本当に悲しいです。
涙、涙でくうちゃんの写真みてます。他の猫ちゃんたち、元気で長生きできますように。
Posted by すぎBAR。 at 2007年09月23日 22:08
◆すぎBARさん

お返事が遅くなってごめんなさい。

昨日、く〜ちゃんにそっくりなにゃんこのキーホルダーを見つけて
思わず買ってしまいました(笑)
 
Posted by ゆうみん at 2007年11月04日 19:45